*

今東京に住んでいる4人家族なのですが、僕の実家が山形県で嫁の実家が福岡県とまったくの逆。

ゴールデンウィーク、お盆休み・夏休み、お正月と帰省のたびにぞっとするくらいお金が飛んでいきます。
だいたい1回に20万円くらいです・・・(T_T)

飛行機代が高すぎるので、もう今は1年に1回か2回に制限中。
だって無理ですもの。

前から欲しかった全日空の株を買うことに決めました。
飛行機代が半額になる株主優待券は大人気ですよね。

しかも、ANAホールディングスは年2回、株主優待券を発行しています。
発送日は5月中旬と11月中旬なので、夏休みとお正月には使えそうですね。

購入方法は、証券口座を申し込んで、インターネットでログイン。
ANA(全日空)株を選んで「購入」のボタンを押すだけでした。

証券口座の開設方法!自宅でできて簡単な手続きを教えます

証券口座を開設する必要があるのですが、けっこうみんな忙しいですよね?
窓口がある都心までわざわざ出ていって、待ち時間を取られるのも嫌だと思います。

そこで登場するのが、ネット証券です。
一番のメリットは「自宅ですべて完了すること」でしょう。

一般的な窓口タイプの証券会社はどうでしょう。
電車やバスを使って窓口までお金をかけて行って、あげく待たされ、書類だけもらって後日書類を郵送するわけです。
手間掛かりすぎてバカバカしくありませんか?

貴重な貴重な時間なので、自宅でやれることは自宅でやりましょう。
ネット証券といっても、きっちり国から認可を受けている大手の会社ですよ。
金融庁から厳しいセキュリティなどの監査もうけるでしょうし。

ネットを使って申し込みして、わからないことだけコールセンターに電話しちゃえばいいんです。
フリーダイヤルも用意されていますからね。

あ、そうそう大事なことがあります。

もちろん証券口座って有料っぽく感じますが、開設は無料ですよ。
銀行の口座と一緒です。

銀行の口座も最初10円くらい預ける必要がありますが、証券口座を開くのにお金は入りません。

開設や購入で行き詰ったらどうしよう?
そんなときもコールセンターがばっちり用意されていますので、安心してくださいね。

オススメの証券会社は?

ネット証券会社と言っても結構数があります。
時間短縮をして、一番安全で無難な方法は、「大手の証券会社にすること」です。

大体絞られますが、SBI証券・楽天証券・GMOクリック証券あたりがまずはいいでしょうね。
SBI証券は取り扱い銘柄が特に多くて取引手数料も安いです。

SBI証券公式サイト
https://www.sbisec.co.jp/

楽天証券は、ネット通販の楽天が親元の証券会社です。
ポイントの統合なんかも簡単ですので、一考の余地あり。

参考楽天証券

GMOクリック証券は今一番ホットなネット証券会社です。
というのも、ガッキーを広告塔にしたり、バンバンCMやったりとユーザー獲得に力をいれているので、キャンペーンで取引手数料がタダになったりします。

電話サポートもあるので安心ですねー。

GMOクリック証券公式サイト
https://www.click-sec.com/

開設に関する資料を申し込んで、必要書類や書き方、注文方法など迷ったら電話しましょう。
本当に丁寧に手取り足取り教えてくれるので、頼もしい味方になると思いますよ。

SBIのカスタマーセンター0120-104-214(携帯:0570-550-104)

楽天証券のカスタマーセンター0120-41-1004(携帯:03-6739-3333)

GMOクリック証券のカスタマーセンター0120-727-930(携帯:03-6221-0190)

ANAの株で配当金をもらう権利が発生します

とりあえず子供の分はおいおい考えることにして、往復で大人4枚分の株主優待券をもらうことにしました。
ANAの公式ページに書いてあったものを載せますね。

この内容だと、うちは4000株買う必要があります。

株式のかず 株主優待券の枚数
1,000株~1,999株 1枚
2,000株~2,999株 2枚
3,000株~3,999株 3枚
4,000株~9,999株 4枚+2,000株毎に1枚

2017年3月の時点でANAの株価が348円でしたので、掛かるお金はこんな感じ。

348円 × 4,000株 = 139万2,000円

※ 2018年3月から株の購入単位が少し変わります。

今までは1000株で株主優待1枚だったのが、100株で1枚へ変更。
100株で半年で1枚ですね。(後半に詳しく書きます。)

少し高い気もしましたが、1度買っちゃえばずっと優待券は貰い続けることができるし、使わないときは金券ショップに売ってもいいですからね。
当然ですが、必要なければ株も売れます。
あと、もう1つ嬉しい情報があります。

配当金が入ります。

2017年の3月は1株あたり6円の予定らしいので

6円 × 4,000株 = 2万4,000円

おお!
すごい金額がもらえる!

これなら銀行に預けているより全然いいんじゃないですか?
銀行とか利子は、0.05%くらいだし。

銀行の1年間利息の場合)139万2,000円 × 0.05% = 696円

全日空の株はいつかったらお得なの?

株主優待券を買おうと思う人がよくぶつかる壁ですね。
実は僕も過去ぶつかりました。

というのも、実家に毎年帰省することはある程度決定していますので、お金はかかるわけです。
ただもっと株価が安くなったて買いたい。

そう思っていたら、買うタイミングを逃し、株主優待券をもらいそこね、配当金ももらえない始末。

結局買うタイミングを素人の僕らが考えるのは、到底ムリな話なんですよね。
元々の目的は株主優待券をもらって、旅券代を半額に抑えることだったのに・・・。

それすっかり忘れて、違った損得の世界ばっかりみていました。
やはり必要性を今感じているなら、とりあえず今が買い時だと思いますよ。

株主優待券は毎年毎年もらえることになっているのですから、早いに越したことはないはずですよね。

2017年3月追記 ゴールデンウィークの帰省が安く抑えられそう!

来るゴールデンウィークですが、株主優待券の到着が間に合えば安く抑えられそうです。

今回は東京~山形なので、片道23,090円が株主優待券を使うと11,690円と半額に!
大人2人分の往復なので、

11,690円 × 4 = 46,760円

す、すごい。
掛かる金額がほぼ4分の1くらいまで減りました。

向こう5年くらいずっとこの減り具合が確定するわけですから、子供の育児、教育費用に回せますね。
助かります!

2017年5月追記 株式併合により単元株数の変更

今までは1000株単位で株主優待券を発行していましたANAですが、単元株数が変わります。
2018年3月以降の株主優待取得の人は注意です。

間違って1000株買ったら大変ですからね。
もし2018年3月以降にANAの株式を買って株主優待をもらうときは、「100株」で半年に1枚です。

変更前と変更後の表になります。
ご参考ください。

株式のかず 株主優待券の枚数
変更前 変更後
1,000株~1,999株 100株~199株 1枚
2,000株~2,999株 200株~299株 2枚
3,000株~3,999株 300株~399株 3枚
4,000株~9,999株 400株~999株 4枚+200株毎に1枚

Copyright© 全日空株購入.com , 2017 AllRights Reserved.